インタビューを受けました!

過去の自分

今までどんなことがあったのか? をお応えさせていただきました。 過去のことを語るときは本当に悔しいことしかない。 中学の時にいじめられていたこと。 教員からビジネスを始めたこと。 ほとんどの人が離れたこと。

これがちょうどよかったのかもしれない。 この時のやつには絶対に見違えて声をかけられないほど成長してやる! 自分の過去をエネルギーにして成長できるようにしていきます。


今の自分

昨日インタビューを受けて、さらにそのあとの同世代のセミナーに出て思ったことがある。今まで頼ってきた物を捨てようと思ったことが2つある。


頼りにしてきた収入源
と
過去の人脈

捨ててしまったことでスッキリとしてしまったから、その分を悔しさで埋めなければと思い、徹夜で本を読破。

それでも自分の中の感情を悔しさで埋まらなかったので、朝はマックでnoteを書いているが、とてもイライラしていい気分だ。

このマイナスの気持ちがきっと自分のエネルギーになると思っているし、怖いとか言われるけれど、負のエネルギーの方が行動力としては大きいと思っているので、これでいいと思っている。


キラキラした夢を語るとかではなく、実現力が僕は欲しい。 だから、今日は自分の新たな門出を祝って自分のできる最大限のことを今日もしよう。


未来の自分

インタビュアーさん曰く、この未来のインタビューが一番楽しかったみたいだ。僕が考えていることは、大学の時からシルク・ド・ソレイユとマッチビジネスをすること。 だいぶ前から考えていることだが、これから先もおそらく変わるだろうからとりあえず具体的な内容を記事で書くのはここまで。笑


どんな形であれ、前に進むことを淡々としていきたい。
2021年にはギネスのプロデュースをさせてもらったり、3月の東京マラソンの医療スタッフをやらせてもらったり、5月にはホノルルトライアスロンの出場も決まっている。

バク転のギネス記録だけではなくて、

セグウェイでギネス記録を作る

事業もしていきたいなと思っている。 それは今日の会で決まればいいな。


電子書籍という出版という事業で自分がどこまでできるかがわからないけれども、高みを目指してひたすら淡々と行動をしていきたいと思う。

高みとかワクワクという抽象的な言葉は使わないようにしているんだけれども、あえて使わせてもらうと、自分の未来がよりよくなるような未来へ。


ワクワクが止まらないような未来へひたすら今日も邁進します。



One Color G.K.